エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

炭酸飲料水でCO2添加装置を作る方法

シェアする

水草が生き生きと育つにはCO2がある方が良い結果を生むことが多いです。CO2を作るにはボンベ式、発酵式、化学式などがあります。ところで、二酸化炭素飲料水として有名な炭酸飲料水では可能なのでしょうか?

スポンサードリンク

炭酸飲料水でCO2強制添加

わたしこのまえ間違えて炭酸飲料水を買っちゃったんだけど、あれ、おどろくほど味がしなくてビックリしたよ~☆彡

炭酸飲料水はなにからできているパラ?

炭酸水は二酸化炭素を水の中に閉じ込めた商品だよん!

ちょっとまって~☆彡わたし天才かもしれない。いいこと思いついちゃった♪二酸化炭素が含まれているってことは~、CO2添加に使えるんじゃないかな!?わたしわくわくしてきたよ~♪

使えるよん!二酸化炭素を水に溶け込ませたものだから、今度は二酸化炭素を水槽の中に溶け込ませたらいいよん!やり方は発酵式よりも簡単だよん!装置を作って、イースト菌や砂糖の代わりに買ってきた炭酸水をそのままセットするだけだよん!

関連発酵式装置の作り方

必要な材料はペットボトル、エアチューブ、エアストーン、つなぎジョイント、炭酸飲料水だけです。

ぬぉー!?炭酸水の蓋を開けたらすぐにCO2が吹き出したパラー!!

炭酸水を開けるとすぐに二酸化炭素の流出がスタートするから、炭酸水を開ける前に別の炭酸飲料のキャップで装置を作っておく必要があるよん!

そういうことは早くいってほしいお年頃!

発酵式よりも圧力が弱めだから水圧のかからないようにエアーストーンは水槽の上付近に配置するといいよん!1回で100円ぐらいだから、発酵式よりも少しコストがかかるよん!でも手間はかからないよん!

一長一短パラ~。

関連水草を元気に育てるコツはCO2添加の理由