エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

水槽の底床で種類と選び方

シェアする

底砂は大きく分けると「砂」「砂利」「ソイル」「セラミック素材」に分類することができます。それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

底床に使う素材

はいはいはーい!ベアタンクもいいけど、とりあえず初心者だからバクテリアのちからを借りたほうがいいと思う。まずはいろんなことをして経験をつまなきゃ!

水槽の底にはなにを入れたらいいパラ?小さな石が入ってるのは見たことがあるパラ。

水槽の底床にはいろんな種類があるよん!最近流行しているのが”ソイル”って呼ばれるものだよん!一昔は砂利が主流だったよん!


砂・砂利

田砂や、山砂、川砂のように目が細かなものがあります。そして大磯砂などの砂利や小石といった大き目のものも存在します。特徴として自然界のものをそのまま使用できるため、水槽内で自然を再現することが出来ます。また魚にとっても嬉しい環境と言えます。色々な色のカラーサンドやカラーストーンもあるため、バリエーションが豊富で自分好みに合わせることも可能です。

注意点

目の細かい砂は、魚が移動した時や、掃除の時に舞い上がりやすいです。底面フィルターを使用する場合に特に目詰りを起こす可能性があるため気をつける必要があります。

また、大磯砂などの海砂はカルシウムを含んでいるため、 飼育水を”硬水”に傾けてしまう場合があります。水草によっては育ちにくい環境になるため、酸処理を行うことが一般的になっています。

ソイル(soil)

ソイルは英語で「土」や「地面」といった意味になりますが、そのままの意味です。底砂に使われるソイルは土を成分としていて、土を焼き固めて小さな粒にしたものをソイルと呼びます。植物は水と太陽、そして土に含まれる栄養を蓄えて元気に育ちます。土にはミネラルが含まれているため、自然ろ過効果や水草の育成などに効果を発揮してくれます。初心者でも比較的簡単に水草を育てることが出来るため、アクアリウムブームも相まって、ソイルを使用する水槽が増えています。

注意点

寿命が1年~1年半くらいと短く、寿命が来たソイルは丸から段々と潰れていきます。寿命が来るたびに底砂の入れ替えをする必要があります。また、丸く固めているとはいえ、素材がそもそも土で軟らかいため、水槽の掃除の時などにソイルがつぶれやすいので、頻繁な掃除を避けて気をつける必要があります。潰れたまま底床内を放置しておくと通水性が悪くなり、根の成長障害を招いてしまいます。栄養豊富な土が逆に藻や海苔、苔などを発生させやすくなります。

セラミック

セラミックは土を焼き固めたものですが、強く焼き固めて造られているのでソイルのように型崩れを起こさず、半永久的に使用することができます。土の質感を簡単に再現できます。

注意点

尖っているものが多いため、驚いた魚や底で活動する魚にキズを負わせてしまう可能性があります。また、ろ過効果や肥料効果が無く、水質を弱酸性やアルカリ性に傾ける可能性があります。

大磯砂

水槽飼育においてもはや王道ともいうべき大砂利は、最もポピュラーな天然砂として知られています。熱帯魚や水草、金魚、メダカ飼育など一般に広く使われている底床です。程よい隙間により奥まで酸素が入り込むため、ろ過バクテリアが住みつきやすく、半永久的に使用できます。

注意点

大磯砂は水質を弱アルカリ性に傾けやすいため、酸性で軟水を好む生体や水草には適しません。10年程度使用し続けた砂利はこのような効果はなくなっているため、”10年以上経った砂利はお宝”として評価されています。

珊瑚砂

珊瑚砂は珊瑚を砕いて使用するものです。海水魚の飼育では水槽内を綺麗に魅せることが出来ます。

注意点

水質をアルカリ性に変えるため、淡水魚には向きません。水草育成には向かないでしょう。


砂利がよさそうパラ。

砂利は高級感が出る~♪川砂は自然♪ソイルは水草が簡単に生える!

魚の生態、掃除の負担、見た目で選ぶといいよん!